決戦!ブラジル・グランプリ 私考2.

注目の一戦まであと5時間と迫った。

3人のドライバーがチャンピオンを争うのは20数年ぶりだという。
だから今回は大注目を集めているというわけではない。

もちろん、それもある。
が、今回はルーキー、ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソとの、マクラーレン・チーム間での確執が、チャンピオンシップ争いも絡んで大きな関心を呼んでいるのである。

ハミルトン擁護、アロンソ擁護は、往年の名ドライバー達(口舌)をも巻き込み、欧州では議論が伯仲している。

そして、アロンソの同チーム離脱問題にまで発展してしまった。

仕舞いには、今回のブラジル・グランプリに、問題が起こらないよう、FIAの査察要員まで送られているのである。

そんな環境下に行なわれているブラジル・グランプリ、予選は日本時間21日早朝に行なわれ、別項のような順位となった。

さて、レースはどのように進行するか。
それは誰にも分からない。

ただ、かつてのアラン・プロストvsアイルトン・セナ、あるいはミハエル・シューマッハvsジャック・ビルヌーブ間であったような、”問題がある”接触事故だけは起こってほしくない。

出来れば、3者間による、後世に残る名勝負が展開されてほしいのだが。

決勝レース開始まであと5時間となった。

画像


写真:Yahoo スポーツF1/ロイター



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック