ドイツ・グランプリ予選結果&ps.

2008 F1 World Championshop Round10
ドイツ・グランプリ予選結果
7.19 ホッケンハイムリンク 1周4.574km
天気:曇り 気温24度C、路面温度29度C

Pos Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1. Hamilton McLaren-Mercedes 1:15.218 1:14.603 1:15.666 13
2. Massa Ferrari 1:14.921 1:14.747 1:15.859 16
3. Kovalainen McLaren-Mercedes 1:15.476 1:14.855 1:16.143 17
4. Trulli Toyota 1:15.560 1:15.122 1:16.191 21
5. Alonso Renault 1:15.917 1:14.943 1:16.385 19
6. Raikkonen Ferrari 1:15.201 1:14.949 1:16.389 19
7. Kubica BMW Sauber 1:15.985 1:15.109 1:16.521 20
8. Webber Red Bull-Renault 1:15.900 1:15.481 1:17.014 20
9. Vettel Toro Rosso-Ferrari 1:15.532 1:15.420 1:17.244 22
10. Coulthard Red Bull-Renault 1:15.975 1:15.338 1:17.503 20
11. Glock Toyota 1:15.560 1:15.508 17
12. Heidfeld BMW Sauber 1:15.596 1:15.581 14
13. Rosberg Williams-Toyota 1:15.863 1:15.633 16
14. Button Honda 1:15.993 1:15.701 15
15. Bourdais Toro Rosso-Ferrari 1:15.927 1:15.858 15
16. Nakajima Williams-Toyota 1:16.083 10
17. Piquet Renault 1:16.189 7
18. Barrichello Honda 1:16.246 10
19. Sutil Force India-Ferrari 1:16.657 10
20. Fisichella Force India-Ferrari 1:16.963 10

data;autosport.com

ps.
ドイツ・グランプリの予選結果は上記の通りだが、トヨタのトゥルーリが頑張って4位の位置につけた。
一列めハミルトン、マッサ、2列めコバライネン、トゥルーリ、3列めアロンソ、ライコネン、4列めクビサ、ウエバーとなり、決勝レースのスタートは見ものとなりそう。

グリッドの名前を書き出していて、ふっと私の現役時代を思い出してしまった。
主に日本グランプリだったが、出場マシンとドライバーの組み合わせで、決勝レースの仮想グリッドをよく組み立てたものである。

そして現地入り。
予選結果、そして決勝レースの確定グリッドを予想グリッドと見較べたものである。

良く当たっていたかどうかは想像にお任せするが、いづれにしろ、この一連の作業が意外に面白く、読者にも受けは良かったのを懐かしく思い出す。

私は、SAF1消え去りし後、いまいち乗らないF1だが、今回の決勝グリッドには若干ながらワクワク感を持った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック