テーマ:F12012

ザウバーでの最後の戦い、可夢偉は9位!

歳を考えないで最後まで中継を見てしまった。 が、見て良かったと思っている。 いつもブラジル戦はスペクタルなレース展開が多いが、今回もその例に洩れなかった。 降ったり止んだりの気紛れな天候の中、レース事態は大波乱。 内容、詳細は他hpをご覧頂きたいが、日本の可夢偉はザウバーでの最後の大勝負を実に良くやった、健闘したと褒めてあげ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

可夢偉、アメリカ決勝でもペース上がらず!

16位からスタートした可夢偉のアメリカ・グランプリ決勝レース。 残念ながら14位に終わった。 タイヤとザウバー・マシンがマッチングしなかったようだ。 残りはブラジルのみ。 相棒のペレスは11位。 優勝はハミルトン。 そしてベッテル2位、アロンソ3位で、このレースでは決着がつかず、チャンピオン争いは最終戦にもつれ込んだ。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、(アメリカ)予選は不本意な16位

期待された可夢偉のアメリカ・グランプリ(テキサス)予選は16位とふるわなかった。 フリー走行ではまあまあだっただけに残念な結果だ。 決勝ではいつものように可夢偉らしいパッシングのシーンを見たい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、ポイント圏外

インド・グランプリ決勝レース、今終了。 可夢偉、完走ながらも14位に終わる。 上位のほとんどが1ストップ・タイヤ交換で済んだため順位変動も少なく、可夢偉もこれが精一杯と言えるかも知れない。 残り3戦、アブダビ、アメリカ、ブラジルー果たして可夢偉はどう立ち向かうか? 最後まで応援していきたい。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ可夢偉!

インド・グランプリ予選の可夢偉はかろうじてQ3を突破した。 が、Q2はブレーキ系を初めとしたトラブルで17位に終わってしまった。 1時間後に迫った決勝レース。 来シーズンのシートも確約されていない彼にとって、ここは踏ん張りどころとしか言い様がない。 ファンはそれを期待しているし、これこそ可夢偉というシーンと結果を出してほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、無念、リタイア/韓国決勝

第16戦/韓国グランプリ決勝レース。 13位スタートから巻き返しを狙った可夢偉だったが、バトンとスタートで接触、一気に下位に落ち、その後無念にもリタイアした。 鈴鹿での活躍が鮮烈だっただけにガッカリ感も人一倍。 だが、これがレースというものだろう。 残り4レース、期待すると共に來シーズンのポストも確定してほしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、黄旗に邪魔をされ13位に終わる/韓国

表彰台に立ち自信を付けた(と思われる)可夢偉が、次に挑んだのが韓国グランプリ。 Q1は5位で通過したものの、Q2ではアタック中にトロロッソのマシンが原因でイエローフラッグとなり、けっきょく可夢偉は13位で終わった。 が彼は走る度に自信を付けており、決勝では得意のゴボー抜きでいいところを我々に見せてくれると信じている。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、亜久里以来の表彰台!日本グランプリ決勝レース

2012年F1シリーズ第15戦/日本グランプリ決勝レースは、10月7日午後3時にスタートを切った。 予選3位の小林可夢偉はスタート良く飛び出し、順調にラップを重ね、追いすがるバトンを振り切って3位でゴールした。 日本人選手としては鈴木亜久里以来ふたりめの表彰台に立った。 今後の同選手の大きな励みになったことは間違いない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

可夢偉、鈴鹿決勝3位から。夢膨らむ!

第15戦めを迎えた2012年F1シリーズ。 その舞台は50周年を迎えた日本のモータースポーツのメッカ、鈴鹿サーキット。 その予選で可夢偉は3位で通過(4位だがバトンはギヤボックス交換で5番手後退)した。 日本グランプリ予選3位通過日本人は可夢偉が初。 終了間際ライコネンがスピン、イエローが出され、可夢偉のスロットル開閉も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いまいちツキのない可夢偉9位で終わる!

8位からのスタートでゴボー抜きが期待された可夢偉だったが、最終的に9位で終わった。 どうもいまいちツキがない可夢偉だが、モンツァのセッティングにはタイヤ選定も含めうまくいかなかったようだ。 次回は夜間のシンガポール、そして鈴鹿へと続く。 ぜひ巻き返しを期し表彰台に上がってもらいたい。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、高速のモンツァでゴボー抜きを期待!

モンツァのフリー走行ではセッティングが合わず今一だったザウバー・チーム。 しかし予選では9位となった。 前回のベルギー、予選2位だった可夢偉は、決勝では出遅れたが、これはあくまでもマシンセッティングのミスだったとチームが釈明した。 鈴鹿に向け、今回のイタリアではスタートでお得意のゴボー抜きを見せ、ファンの気持ちをスカッとさ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、スタートに失敗、無念の結果に!

ベルギー・グランプリ決勝レースは、スタート後がすべであった。 予選で2位/フロントローを獲得し、日本人に期待感を持たせた、注目の可夢偉は残念ながらスタートに失敗、3回のピットストップを強いられ、けっきょく13位に終わった。 スタートに遅れを取った可夢偉は多重クラッシュをかろうじて逃れ、その後追い上げたが入賞には至らなかった。…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、ベルギーで予選2位!

可夢偉がついにやった。 スパ・フランコルシャン(ベルギー)の予選で2位となり、明日の決勝レースはフロントローからの発進となる。 日本人の予選2位は、2004年の佐藤琢磨(ヨーロッパ・グランプリ)以来の快挙。 なお前回記した可夢偉の結果は5位ではなく4位だったのでここに訂正します。
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉3回めの(通算)5位入賞!

5月のスペイン・グランプリ以来のご無沙汰で、見て頂けている方には誠に申し訳なく思っております。 またポチポチ始めようと思っています。 ただ簡単なコメントで終わる事が多いとは思いますがご容赦を! 応援している可夢偉は、いつもいいところまで行くので、今回こそはと毎回見ながら今日まで来てしまいました。 不思議なことに昨日のホッケン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、2度めの5位入賞!/スペイン決勝

*スペイン・グランプリ決勝レース in KAMUI* 決勝グリッド9位から発進した可夢偉ザウバーは、最終的に、自身2度め(去年のモナコに次いで)の5位入賞を果たした。 この日のバルセロナはドライ。 スタートこそいつものゴボー抜きペースではなかったが、徐々に可夢偉らしさを発揮、5位となったもの。 今シーズンの、ザウバー/フ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉無念!ライコネン表彰台

可夢偉は、タイヤ交換2回作戦で決勝レースに臨んだが、ダーティなバーレーンのコースにはフィットせず13位に終わった。 スタートでもホイールスピンするくらい、このコースはタイヤ選定に難しい側面を併せ持っていたようだ。 いっぽうロータス勢は意気軒昂だった。ライコネンが堂々2位、グロージャンが3位で、共に表彰台に上がった。 優勝は今季…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、予選は12位、決勝ではゴボー抜きに期待!

政情不安な中で強行されたバーレーン・グランプリ予選。 結果はライコネン11位、可夢偉12位であった。 1~4位までをレッドブルとマクラーレンが占め、前回優勝のロズベルグは5位だった。 ただ可夢偉は、3回めの予選でちょっとしたミスを犯したが、ザウバーの戦闘力自体は悪くないとのことで、得意のゴボー抜きが決勝では見られるかも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、不本意の10位/中国決勝

可夢偉自身、最高位の3番手グリッドからスタートを切った中国グランプリ決勝レースだったが、スタートはこれまでと違って絶妙とは言えず、7番手で1周めを終えた。 各チーム共タイヤ交換回数には頭を悩ました模様で、可夢偉は3回作戦・結果的に10位で終わった。  もっとも、2,3位のマクラーレン、4位のレッドブルは3回(5位のレッドブルは2…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

可夢偉、明日の決勝は3番手から発進!

中国グランプリの予選で可夢偉は4位にはいった。 ただし2位のハミルトンはギヤボックス交換のため5番降格、結果可夢偉は3番手 (これまで予選での最高位は8位、7番手からスタート)から発進する。 同様にロータスのライコネンは4番手発進となる。 両選手を応援する私としては嬉しい結果であり、明日が本当に楽しみだ。 ポールはこれま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

長いハードなレースの末に....。

インターミディエイト・タイヤ装着で始まった第2戦マレーシアの決勝レース。 天候が一定しなかった分レース自体も荒れたものとなった。 私が応援しているふたりのドライバーの結果から先に言うと、残念ながら可夢偉はリタイア、ライコネンは5位だった。 驚くべきは可夢偉の同僚セルジオ・ペレス(メキシコ、22歳)が2位にはいったことだろう。 …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

明日の決勝は可夢偉17番手、ライコネン10番手から...。

2012年F1第2戦/マレーシアの予選は可夢偉17位、ライコネン5位(ただしギヤボックス交換で決勝は10位スタート)というもの。 予選1,2セッションでライコネン(ロータス・ルノー)は1位に着け、喜ばせてくれたが、ファイナルでは前述のように5位フィニッシュであった。 2年のブランクがあったライコネンではあったが、さすが元チャンピ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

結構面白かったオーストラリア決勝

正直言うと、ここのところF1(ル・マンを除く)を含めクルマ全体に興味を失っていた。 これまでは、新車発表時(ドライバー編成は、これまでもさして興味はなかった)には、多少ワクワク感を持っていたものだが、これも喪失していた。 だが、今季は可夢偉の成長ぶりと、加えてキミ・ライコネンの復帰ということもあって予選からTVを見た。 そして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

また、ちょこちょこ顔を出しますのでよろしくネ!

永らくご無沙汰いたし申し訳ありませんでした。 2012年F1・第1戦オーストラリア決勝レースから、またちょこちょこ更新していきたいと思っております。 皆様よろしくお願いいたします。 キミの復帰、ザウバー戦闘力アップ、可夢偉の成長ぶり....楽しめる要素が多いシーズンのようです。 kei.
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more