テーマ:F1(GP2007)

ライコネン、大逆転で2007年王者に!

筋書きのないドラマとよく言われるが、2007年F1最終戦ブラジル・グランプリは、まさに筋書きのない大ドラマだった。 こんなに面白いF1は久しぶりである。 マッサが、あるいはハミルトンが逃げてあっけなくチャンピオンが決まる、と、いっぽうでは懸念していたが、実際のレースは180度違った。 定刻・現地時間午後2時ジャスト…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

決戦!ブラジル・グランプリ 私考2.

注目の一戦まであと5時間と迫った。 3人のドライバーがチャンピオンを争うのは20数年ぶりだという。 だから今回は大注目を集めているというわけではない。 もちろん、それもある。 が、今回はルーキー、ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソとの、マクラーレン・チーム間での確執が、チャンピオンシップ争いも絡んで大きな関心を呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジル・グランプリ予選 私考 1.

天気:晴れ、気温32度C、路面温度60度C ブラジル・グランプリ予選結果 1位:マッサ 2位:ハミルトン 3位:ライコネン 4位:アロンソ 5位:ウエバー 6位:ハイドフェルド 7位:クビカ 8位:トゥルーリ  9位:クルサード 10位:ロズベルグ 11位:バリチェロ 12位:フィジケラ 13位:ベッテル 14位:リウッツ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ハミルトン脱落! 中国グランプリ決勝レース結果速報

好事魔多しの言葉が浮かんだ。 ハミルトンが31周めに右タイヤ・トラブルでコース上にストップ、無念のリタイアを喫したのである。 優勝はライコネン、2位にアロンソ、3位にマッサとなって、表彰台には常連ハミルトンの姿はなかったのだ。 チャンピオンシップは最後の最後まで分からない...この言葉は上海でも生きていたことになる。 これで…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

台風の影響で、中国グランプリは果たしてどうなる?

現地時間今日午後2時、日本時間3時に開催予定の中国グランプリ(上海)、今現在、台風の影響をモロに受けることになりそうな気配である。 詳しくは調べてないが、富士に続く2戦大雨の大会は、F1ではほとんど前例がないのではないか。 そうなればSC先導レースになるのは言うに及ばず、一部では中止の懸念さえ出ている始末だ。 今の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第16戦/中国グランプリ公式予選結果

2007年F1世界選手権シリーズ第16戦/中国グランプリ 公式予選:10月6日、決勝レース:10月7日 上海インターナショナル・サーキット 1周5.451km 決勝56周305.066km 公式予選結果 気温30度C、路面温度45度C、湿度61% 1 2 L.ハミルトン  マクラーレン・メルセデス 1'35.90…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報! 日本グランプリ決勝レース結果

18周にわたるペースカー先導レースで、誰れもが、一時はどうなるかと思われた日本グランプリだったが、次の周にペースカーが引っ込み、決戦の幕はここで切って落とされた。 開催が危具されるほどの悪条件下(天候)の中で行なわれた決勝レースではあったが、タイムスケジュールもなんとかこなされ、まずは良かったという印象が強い。 関係者は心底から…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

日本グランプリ予選結果

気温14度C、路面温度20度C、湿度95%、風2.8mps、気圧957.1mBar 雨降りで予選走行が出来るか心配されたが、午後2時ジャスト、出場マシン22台全車が次々とコースインした。 各人、それぞれの思惑を持って悪天候の中、初めてのコースを攻める。 が、スーパーアグリの2台、山本のスパイカー、バリチェロ/ホンダの各…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

日本グランプリ フリー走行3 走行中止

2007 F1世界選手権シリーズ第15戦 日本グランプリ 富士スピードウェイ 1周4.563kmx決勝67周=305.721km フリー走行3 9.29 am11:00~12:00 天候不良で走行中止 (天気:雨 気温15度C、路面温度21度C、湿度95%、風2.7mps、気圧957.3mBar)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルギー・グランプリ決勝レース結果速報!

第1コーナーにはいる前、アロンソがハミルトンを牽制したため、ハミルトンが一瞬コースを外れた。 この後、トップ4のレースの流れは大きな変化はなく、スパ・フランコルシャンの高速レースは終了した。 結果は次の通り。 1位:ライコネン、2位:マッサ、3位:アロンソ、4位:ハミルトン、5位:ハイドフェルド、6位:ロズベルグ、7位:ウエバ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

フェラーリ勢がマクラーレン2台を抑え込むーベルギー予選

1位:ライコネン、2位:マッサ、3位:アロンソ、4位:ハミルトン、5位:クビカ、6位:ロズベルグ、7位:ハイドフェルド、8位:ウエバー、9位:トゥルーリ、10位:コバライネン モンツァに続く高速2連戦、スパ・フランコルシャンのベルギー・グランプリ予選は、フェラーリがマクラーレン勢を抑えてフロントロウ独占(昨年の日本グランプリ以来、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

イタリア・グランプリ決勝レース結果速報!

舞台はアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ。 1周5.793kmx53周、走行距離306.720km。 天気は快晴 気温28度C、路面温度32度C、湿度44%、風0.7mps、気圧992.8mBar. 高速コース、モンツァで行なわれた第13戦イタリア・グランプリの決勝レースは、ポール・ツー・ウインのアロンソ、2位を後…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

第13戦イタリア・グランプリ予選速報!

モンツァでのイタリア・グランプリ予選を前にして、2009年から日本グランプリが富士と鈴鹿で隔年開催と、FIAから正式に発表があった。 当然こうあるべきだろうと私は考えていたのでごく自然に納得した。 フリー走行3回めにライコネン/フェラーリが大クラッシュする事態があったが、幸いドライバーにダメージがなく一安心。 公式予選では…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

トルコ・グランプリ決勝レース結果速報!

(私の)予想に反して、決勝レースは変化なく面白いものではなかった。 スタート後、先行するマッサに続いたライコネンがハミルトンを牽制して1コーナーをまわった。 4、5位はザウバーBMW2台、そしてアロンソがスタートで遅れ6位。 残り16周で、ハミルトンの乗るマクラーレン・メルセデスの右フロント・タイヤがバースト、彼はピットま…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

トルコ・グランプリ予選速報!

久しぶりのF1、イスタンブールでの予選は、ポール争いが熾烈を極めた。 結果、マッサがポールを取り、以下ハミルトン、ライコネン、アロンソの順となった。 いってみると、(このところの)4強の上位争いというわけで、この布陣(フェラーリ1,3位、マクラーレン2,4位)からすれば、決勝レースも面白くないはずはない。 (持って回った言…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ハンガリー・グランプリ決勝レース結果速報!

なにかが起こるのではないかと思わせた第11戦ハンガリー・グランプリの決勝レースだったが、終わってみればハミルトンの優勝、2位・ライコネン、3位・ハイドフェルドという順位だった。 スタートではライコネンの飛び出しが良く、すぐに2位に着けたが、その後は1位・ハミルトンとの差は最終まで一定の距離に保たれたまま、けっきょくはこれを抜けずに…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ハンガリー・グランプリ予選・私考

ハンガリー・グランプリの予選が今終わった。 印象強かったのはマクラーレン・メルセデスの強さが際立っていたということ。 マクラーレンのボス、ロン・デニスのハミルトンびいきが、巷間言われている通りに見えたこと。 ホンダの相変わらずの不調に対してトヨタの頑張りが眼についたこと。 SAF1では、ここ数戦、予選ではデビッド…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ハンガリー・グランプリが明日から始まります。

皆々様に暑中お見舞い申し上げます。 第11戦ハンガリー・グランプリが明日から始まります。 2007年F1シリーズ、というよりも大袈裟に言えば、21世紀/新世紀F1シリーズはやっと面白くなってきた、という感じも(若干)します。 ブダペストの週末の天候は、最高気温27度C前後と、落ち着いた3日間との予報が出ています。 絶好の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大波乱の第10戦/ヨーロッパ・グランプリ決勝速報!

最後6周近くになって、この日最大の見せ場がやってきた。 (少なくとも私にはそう見えた) アロンソ(マクラーレン・メルセデス)が、トップを走っていたマッサ(フェラーリ)をそれまでに射程距離に捉え、この周に、前車を一気に抜き去った瞬間だった。 若干、両車はヒットした。 そしてまだ少々雨が残っている路面ではマクラーレン車のほうがバラン…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

F1第10戦/ヨーロッパ・グランプリ予選結果速報!

2007年F1選手権シリーズ第10戦/ヨーロッパ・グランプリ(ニュルブルクリンク)の公式予選結果は次の通り。 1位:ライコネン(フェラーリ) 2位:アロンソ(マクラーレン・メルセデス) 3位:マッサ(フェラーリ) 4位:ハイドフェルド(ザウバーBMW) 5位:クビカ(ザウバーBMW) 6位:ウェバー(レッドブル・ルノー) 7位:コバラ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第9戦イギリス・グランプリ/決勝レース結果速報!

1時間21分43秒074の戦いは、キミ・ライコネンのフランスに続く2連勝で幕を閉じた。 ライコネンは走行中のベストラップもマーク(1分20秒636,17周)、後半には危なげない走りで勝利をものにした。 2位はアロンソ、3位にハミルトンがはいり、後半に向けポイント争いは益々白熱化してきた。 スタートに着く前の走行時に手を挙げ、ピ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

イギリス・グランプリ予選速報!

久々にアロンソ、ライコネン両者のダイナミック・ドライビングが見られ、この2台がフロントローと思われたが、どっこい、最後にはハミルトンがポールの位置を奪ってしまっていた。 高速コースのシルバーストーンならではの、ハイスピード予選でのポジション争いは、最後の最後に見せ場があった。 終わってみれば、マッサを加えたいつもの上記4人のドラ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第8戦フランス/決勝レース

1位:ライコネン、2位:マッサ、3位:ハミルトン、4位:クビカ、5位:ハイドフェルド、6位:フィジケラ、7位:アロンソ、8位:バトン、9位:ロズベルグ、10位:R.シューマッハ 予想と違い、決勝レースのマニクールは終始曇りの天候でもった。 気温24度C、路面温度37度C、湿度62%、風1.5mps、気圧986.6mBar …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マニクール決戦、本番は雨?

インディアナポリスから2週間、マニクールでの(第8戦)フランス・グランプリが始まりました。 といっても私的には、佐藤琢磨の、(前戦での)10グリッド降格がすでに決まっているため、あまり気乗りしない一戦でもあります。 この間、シルバーストーンでの合同テスト等で各チームは、マシンのグレードアップを図ったようです。 マクラーレンに追…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大荒れのカナダ、よくやった琢磨!

2007年F1シリーズ第6戦/カナダ・グランプリは、1年に一度あるかないかの大荒れのレースであった。 その中で11位の好位置からスタートを切ったわれらの佐藤琢磨/SAF1は、荒れたレースの中でも、最後までモチベーションを損なうことなく走り切り、ガッツをまざまざと見せてくれた。 琢磨は後半、先行するラルフ・シューマッハ(トヨタ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

モナコ決勝レース速報!

スタート後、ハミルトンが1コーナーにかかる直前、巧みにインにはいり、マッサをけん制してアロンソに次いで2位をキープして進行した。 順位としてはその後も、この3者(4位フィジケラも)は変わることはなかったが、このレースを通して、ハミルトンの評価は上がることはあっても、下がることはなかったはずだ。 1位:アロンソ 2位:ハミルト…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

スペイン決勝レース速報!

スタート後の、第1コーナーの波乱を切り抜けたマッサが勝利。 2位はまたしても驚異の新人ハミルトンが、そして熱狂的なファンの後押しの中で、アロンソが3位となってそれぞれが表彰台に登った。 4位・クビカ、5位・クルサード、6位・ロズベルグ、7位・コバライネンの順。 そして、みごとな走りでカタローニア・サーキットを終始攻めた佐藤琢磨…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スペイン予選ちょっと見

1ヶ月ぶりのF1で、予選結果はこのところ定着した感があるトップ4だったが、意外にも私には面白く見れた。 というのは、1位:マッサ、2位:アロンソ、3位:ライコネン、4位:ハミルトンという顔ぶれは、当初予想されたアロンソvsライコネンという図式に、今年のチャンピオン争いにマッサ、ハミルトンが加わり、ヒートアップが加速されつつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more